投稿日:2023年8月3日

溶接工事で生きる資格やスキルって?役立ちポイントを解説!

こんにちは!千葉県木更津市の株式会社メイアイテックは、プラント工事会社です。
製缶・管工事・機械設置・メンテナンスなどを行っています。
今回は、溶接工事について、種類や特徴、資格やスキルなどをご紹介します。
溶接工事に興味がある方や、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

溶接工事の種類と特徴を知ろう!

溶接
溶接工事は、熱や圧力で金属などを接合・加工する工事です。
60種類以上の方法がありますが、大きく融接・圧接・ろう接の3種類に分けられます。
融接は、母材や溶加材を融合させて接合する方法です。
アーク溶接やレーザー溶接があります。
強度が高く、多くの材料に対応できますが、火災や火傷の危険性があるため注意が必要です。
圧接は、母材に圧力を加えて接合する方法です。
歪みや変形が少なく高速で作業できますが、圧力装置が必要であり、厚さや形状に制限があります。
ろう接は、母材を溶かさず、溶加材を接着剤として結合する方法です。
ろう付けがあります。
強度が低く、耐熱性や耐食性に劣りますが、低温で作業できるため歪みや変形が少なく、異種金属の接合も可能です。
母材や製品の要求によって、最適な溶接法を選びます。

資格の種類

溶接工事に関する資格はいくつもありますが、代表的なものは以下の通りです。

アーク溶接作業者

電気アークという強力な電流で金属を溶かしてつなげる作業者です。
アーク溶接に従事するためには、労働安全衛生法に基づく特別教育の修了が必要です。
特別教育は、学科と実技の講習からなります。
学科は溶接の原理や安全対策などを学び、実技は金属の種類や厚さに応じて、溶接棒や電流の選定や操作方法などを習得します。

ガス溶接技能者

燃料ガスと酸素ガスを燃焼させて金属を溶かしてつなげる技能者です。
ガス溶接に従事するためには、労働安全衛生法に基づく技能講習の修了が必要です。
技能講習は、学科と実技の講習からなります。
学科はガス溶接の原理や安全対策などを、実技ではガス溶接器具の点火や消火、調整や操作方法などを習得します。

溶接管理技術者

溶接工事の品質管理や指導などを行う技術者です。
溶接の知識や経験だけでなく、指導や教育の能力も求められます。
日本溶接協会が認定する民間資格で、試験に合格することで取得できます。
内容は、学科と口述試験です。
学科は溶接工事の品質管理や指導方法などを問われます。
口述は、学科の内容を深く問われ、溶接施工・管理の経験・知識など十分な責務能力知識及び職を有すると認められると合格です。

ボイラー溶接士

ボイラーの製造や修理に関する溶接作業を行う技能者です。
高圧や高温の環境に対応できる技術が必要です。
ボイラーの溶接は重要な作業領域であるため、国家資格が設けられています。
試験は、学科と実技からなります。
学科はボイラーの構造や規格などを問われ、実技は普通ボイラー溶接士は下向き・立向き突合せ溶接を、特別ボイラー溶接士は横向き突合せ溶接を行います。
これらの資格は、現場で必要とされることが多く、経験やスキルを証明するのに役立つでしょう。
就職や転職にも有利になることがあります。
弊社では、資格取得支援制度を用意しており、費用は弊社が負担します。

現在新たなスタッフを募集中です!

コルクJOB
弊社では、溶接工事の現場スタッフと工場事務員の求人を出しています。
現場スタッフは、製缶・管工事・機械設置・メンテナンスなどを担当していただきます。
経験者はもちろん、未経験者も大歓迎です。
工場事務員は、事務業務全般を担当していただきます。
簡単なPC操作ができれば未経験でもOKです。
弊社は、共通の目標に向かって一致団結し力を合わせて業務に臨んでいます。
一緒に頑張りましょう!
興味のある方は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社メイアイテック
〒292-0801 千葉県木更津市請西2-25-22
TEL:0438-97-7010 FAX:0438-97-7011
※営業電話お断りいたします。


関連記事

【求人】弊社で一生ものの技術を身に付けませんか?

【求人】弊社で一生ものの技術を身に付けま…

こんにちは!株式会社メイアイテックです。 弊社は、千葉県木更津市に拠点を構え、鍛冶工事・溶接工事など …

【求人】プラント工事の将来性を徹底解説!

【求人】プラント工事の将来性を徹底解説!

「プラント工事の将来性って?」「ずっと続けられる仕事か不安」このような不安を感じている求職者の方に向 …

facebookページを公開しました。

facebookページを公開しました。

この度facebookページを作成・公開しました。 弊社の情報を発信してまいりますのでどうぞよろしく …